筋トレ愛好家には常識!超回復を知ればトレーニング効果がかわる!

投稿日:2018年5月14日 更新日:

超回復とは

超回復とは運動などで損傷した筋肉が回復する現象を指します。

24時間から72時間ほど休ませることで、回復力が高まり、筋肉がつきやすくなるのです。筋トレでは常識の世界になっているため、トレーニング量に応じて意識する必要があります。

筋トレ愛好家には常識!超回復を知ればトレーニング効果がかわる!

超回復はプロスポーツ選手やアマチュアアスリートの間では常識になっています。超回復はトレーニングで損傷した筋肉が回復する過程で起こります。

ダメージに負けない筋肉を作るためにより強い筋肉が作られ、部位によって異なるものの24時間から72時間ほどかけてじっくりと回復するのです。超回復中に運動をしてしまうとトレーニング効果が薄れてしまうため注意が必要になります。

超回復はアスリートに非常に重要なポイント

超回復はプロアマを問わず、アスリートにとって非常に重要なものになっています。激しい運動やトレーニングを繰り返すと、体の中の筋繊維が切れてしまい、運動のパフォーマンスが低下していきます。しかし、負荷を受けた筋肉はより強く、運動に負けないものになるように再生されていきます。

鍛えて回復させ、また鍛えることを繰り返すことでアスリートの体ができていくのです。毎日ハードなトレーニングをしても効率が悪いことがわかっていて、メリハリを作ることの重要性も出ています。トレーニングの手法はそのままダイエットなどにも応用が可能で、肉体改造をしたい人にとってもうれしい知識になっているのです。

ダイエットの分野でも超回復のトレーニングは使われている

ダイエットの分野でも超回復は使われていて、パーソナルジムではおなじみの手法になりつつあります。特に相性がいいのが加圧トレーニングです。加圧トレーニングは体に圧力をかけながら運動をすることで、鍛えたい部分を短時間で鍛えることが可能になります。

ダイエットの分野でも超回復のトレーニングは使われている

ピンポイントで体を鍛えられるため、超回復期間中は他の部位を鍛えるなど切り替えが容易なのです。一般的なジムでも、上半身を重点的に鍛える日、下半身重点の日など分けて行う人もいます。ある程度血流が流れていた方が回復が早まるため、超回復中も軽い運動を取り入れる人も多いのです。

筋膜リリースで体のコリを解消!抑えておきたいポイントは

筋トレをするなど必須の知識になる

筋トレをするなら超過衣服の理論を学ぶのは必須になりつつあります。超回復期間中にハードなトレーニングをしてしまうと、せっかくつながりかけた筋肉が再び切れてしまい、筋力低下の原因になるのです。精神面を鍛えるためにあえて行う人もいますが、体を作る意味では完全なマイナスです。

トレーニング量と調整しながら休ませる期間を決めるのも方法です。超回復は鍛える範囲が広いほど完了するまでに時間がかかります。また、軽いトレーニングであれば回復までにかかる時間が短くなります。ハードなトレーニングの翌日と翌々日はオフにする、軽めのトレーニングであれば1日休むだけにするなど、加減が大切なのです。

筋肉痛の時に筋トレをしてもいい?超回復との関係は?

Pocket

-筋肉トレーニングコラム

Copyright© 筋トレスナイパー , 2018 AllRights Reserved.