筋力トレーニング時にはサラダチキンがおすすめ?愛される理由とは

投稿日:

トレーニング時にサラダチキン利用する人は多く、理想的な食品に分類されることがあります。

筋力トレーニング時にはサラダチキンがおすすめ?愛される理由とは

サラダチキンは脂肪分が少なく、たんぱく質が豊富で、トレーニングとの相性がよいのです。筋トレ時に利用することで効率が良くなるケースもあります。

筋肉を鍛えるためのトレーニング活動の効率を上げるためには、普段口にするものを見直すことも大切です。特に栄養のバランスは重要で、体脂肪率を落としたいのであれば炭水化物を取り過ぎないようにするなど工夫する必要があります。特に重要になるのがたんぱく質の摂取で、筋肉の材料を取り入れることが大切になります。ただし、脂肪分をとりすぎれば逆効果になるため、高たんぱく低脂質の食べ物が望ましいのです。

サラダチキンは高たんぱくで低脂質な食品

サラダチキンはコンビニなどでも販売されていて、簡単に手に入る食品の一つです。トレーニング時に必要なたんぱく質を確保しつつ低価格で購入できるのが魅力で、食事に組み込む人が多いのも特徴になっています。脂質を抑えながらたんぱく質を摂取でき、コストパフォーマンスに優れているのです。

また、他の食品のように、手間をかけずにすぐ食べられるのも魅力です。大豆食品は良質なたんぱく源となりますが、豆腐や納豆などをトレーニング前後に気軽に食べるのは難しくなります。豆乳は液体のため、トレーニング時に腹痛の原因となる場合もあります。使い勝手のよさも評価を高めるポイントになっているのです。

あくまで補助的に食べるものである点に注意

サラダチキンは素早くたんぱく質を補給するのにおすすめの食品です。一方で、サラダチキンだけでたんぱく質を補おうとするのは危険です。トレーニング中に全く脂分をとらないのも危険で、少なくとも最低限必要ラインが存在するからです。ビタミンの中には脂分の中に溶け込んでいるものも存在し、健康に悪影響を与える可能性が出てきます。

納豆などの発酵食品は消化吸収がしやすく、アミノ酸の吸収効率が良いのも覚えておきたいポイントです。たんぱく質は一度アミノ酸に分解されて吸収されるため、量だけでなく質も考える必要があるのです。鉄や亜鉛なども必要になるため、野菜などもバランスよく食べた方がプラスになります。

食べるタイミングと適切な量は

サラダチキンは食べる量とタイミングでどれだけ効果が出るかが変わります。目標にあわせて食べるタイミングを変え、自分が望む結果を引き出すのも大切です。筋トレ前に食べれば、筋肉が分解されるのを抑え、エネルギーの確保に役立ちます。

トレーニングに食べると筋肉の再生を促し、より強い筋肉を作る(筋肉を増強させる)のに役立つと言われています。

サラダチキンを食べるタイミングだけでなく、トレーニング方や他の食事との相性に気を配ることも大切です。着目する栄養素や、ピークの調整の仕方でも違いが出るからです。

ただし、食べ過ぎに葉注意が必要です。サラダチキンは意外と塩分が多く含まれているため、数個食べれば人間が1日に必要とする塩分量を超えてしまう可能性があります。

筋トレ目的なら他にもサポート成分をとる

サラダチキンはトレーニングのサポートに取り入れやすい食品です。しかし、塩分の過剰摂取などを防ぐためには1日1個など量を加減する必要があります。ハードな筋トレを行う場合は、これでは十分な効果を得られない可能性が出てくるのです。

効率の良い筋トレを目指すのであれば、サラダチキン以外の食品などと組み合わせることが大切になります。最も手軽なのはサプリメントの利用で、トレーニング中に飲めるものも存在します。

人によって筋トレに使える時間は異なるため、より効率的にカスタマイズする工夫も大切なのです。

[サラダチキン]コンビニで手軽に買える最強の筋トレ食!!ダイエットにもいい?

Pocket

-筋肉トレーニングコラム

Copyright© 筋トレスナイパー , 2018 AllRights Reserved.