筋トレスナイパー

体を動かす時に筋肉を動かすエネルギーが必要になります。筋トレを続けるとエネルギーを使い続けるため、筋トレの最中にエネルギー切れになることがあります。すると体はエネルギーを作り出すために、筋肉を分解し始めるのです。エネルギーを摂取することで筋肉の分解を防ぎ、効率よく筋トレの成果をあげることができます。

コラム

カーボドリンクでエネルギーを!グリコCCDの魅力とは?

投稿日:2017年4月10日 更新日:

筋トレをする際に水分補給が大切なのは知っていると思いますが、水だけでは筋トレに必要なエネルギーを作り出すことができません。

スポーツドリンクと呼ばれる飲み物がなぜスポーツという名前がついているのか気になったことはありませんか?

爽やかな味がスポーツの時に合うということだけでなく、体を動かすためのエネルギーを補給してくれるからです。

カーボドリンクでエネルギーを!グリコCCDの魅力とは?

今回は筋トレ時に飲んで欲しいカーボドリンクをご紹介します。

筋肉の分解を制御!カーボドリンクとは?

スポーツや筋トレをする際によく飲まれているカーボドリンク、またはスポーツドリンクと呼ばれているドリンクですが、運動とどのように関係があるのでしょうか。

運動をする際に、体は筋肉中にあるグリコーゲンをエネルギーとして使用し、そのグリコーゲンが不足し始めると筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとします。カーボドリンクとは糖質入りドリンクのことで、糖質が筋肉に貯蔵されるとグリコーゲンの名前に変わります。

筋肉の分解を抑制するためには、筋肉を分解する前に不足した糖分を筋肉に送る必要があります。その方法として、カーボドリンクは手軽に摂取できるのでオススメです。

カーボドリンクを飲むタイミングは?

カーボドリンクはいつ飲むと効果が出るのでしょうか。カーボドリンクは吸収が速いという特徴があるので、筋トレ中に飲むことをオススメします。

筋トレ前に飲むことを推奨する人もいますが、インスリンの働きによって低血糖状態になってしまう恐れがあるため、筋トレ前に飲むことは推奨できません。

また、筋トレ後にカーボドリンクを飲むと筋肉の合成を促進する働きがあるので、プロテインと合わせて飲むとさらに高い効果が得られます。

カーボドリンクの糖質の種類とは?

カーボドリンクに含まれる糖質にはいくつか種類があり、その種類によって吸収する速さなどが変わってきます。まずブドウ糖。糖質の中では最小単位で、浸透圧が高いため胃をから腸に浸透するまで時間はかかりますが、腸での吸収は速くインスリンや血糖値を急上昇させます。

次にクラスターデキストリン。ブドウ糖が鎖状に繋がってできており、胃から腸に素早く浸透しますが、腸でゆっくり吸収されるためインスリンや血糖値は緩やかに上昇します。

ヴィターゴもクラスターデキストリンと同様で、胃から腸へ素早く浸透し、腸でゆっくりと吸収されます。胃から腸へ浸透するスピードが速いことで、糖質をエネルギーとしてすぐに利用することがでできます。

コスパがいいから続けられる!グリコCCDのとは?

初めての人にオススメするのがグリコCCDのカーボドリンクです。グリコCCDの最大のメリットは高品質なのに安いということです。

CCDに含まれている糖質はクラスターデキストリンで、CCDはサイクリック・クラスター・デキストリンの略です。CCDは水よりも体への吸収が早く、1回40g摂取しても99円と販売機で飲み物を買うよりも安いのです。味は薄いレモンのような爽やかで、トレーニング中にはとても飲みやすい味です。

炭水化物以外にも疲労回復を促進するクエン酸や、塩分、カルシウム、ビタミンも配合されています。質がいいカーボドリンクは他にもありますが、やはりお値段が高く続けるにはコストがかかってしまう点、グリコDDCは安いので躊躇せずに必要な分を飲むことができます。

以上、カーボドリンクでエネルギーを!グリコCCDの魅力とは...でした。

Pocket

-コラム

Copyright© 筋トレスナイパー , 2017 AllRights Reserved.