筋肉トレーニング時のカロリーはどうすれば?数字よりも大事なポイント

投稿日:

トレーニング時のカロリー管理は重要な反面、カロリーのみに固執するのは危険な面があります。

筋肉トレーニング時のカロリーはどうすれば?数字よりも大事なポイント

トレーニング時はカロリー以外にもビタミンやミネラルを消費しているからです。筋トレなどで体を絞る場合も、あくまでバランスを意識する必要があるのです。

筋活時のカロリー管理は非常に重要ですが、正しい知識がなければマイナスになることがあります。これは人間の体がカロリー以外にも様々な栄養を必要とするからで、多面的に考えなければマイナスが生じるからです。体を鍛えるほど筋肉が痩せるなど、トラブルになりかねないのです。

トレーニング時は基本的にカロリーが必要になる

トレーニングをする目的は様々ですが、基本的にカロリーを消費するのは共通しています。痩せるのが目的であれば摂取カロリーを減らしつつ効率的に体を鍛える必要があります。また、脂肪を減らしつつ筋力アップで体重を増やす場合は、食事の内容自体を見直すことが必要です。

注意したいのは、効率的にトレーニングをするためにもある程度カロリーが必要な点です。脂肪の分解や筋肉の増強にはアミノ酸が使われます。しかし、食べ物で摂取するアミノ酸が不足している場合は、体は筋肉を分解してエネルギーを補おうとするのです。

脂肪より先に筋肉が分解されることがあるため、過度なカロリー制限は非常に危険なのです。

カロリーではなく必要な栄養素で考える

トレーニングを効率的に行うにはたんぱく質が必要です。たんぱく質は体の中で分解され、アミノ酸になります。ポイントになるのは、アミノ酸が脂肪の分解に必要なことです。単純にカロリーを下げようするよりも、積極的に高タンパク質のものを食べた方が痩せながら筋肉を増やせる可能性があります。

魚の油など、脂質を含みながら脂肪になり辛い栄養素も存在します。植物性油を含め、血中コレステロール値の安定に貢献するものも存在し、カロリーが高くても痩せられる食材が存在するのです。肉の脂身などは必要に応じて取り除きつつ、まずは体に必要な栄養素を中心に食事を組み立てた方が良いのです。ビタミンやミネラルも忘れずにとることが大切です。

炭水化物を抜くと反動がある点に注意

炭水化物を抜き、短期間に痩せつつ筋肉質な体を作る糖質制限ダイエットが注目を浴びています。一方で、長期的に糖質制限ダイエットをした場合の追跡調査なども行われており、マイナスの部分も浮かび上がりつつあります。病気の改善などの目的を持たず、素人が自己流で行ってもデメリットが大きくなる可能性があるのです。

注意したいのがリバウンドのリスク増大です。糖質制限を行っていると体が常に飢餓状態になり、糖質をとった際に少しでも脂肪にして蓄えようと工夫をするようになります。食生活を戻した際の反動が大きくなるため、安易に取り入れない方がいいのです。

まずは一般的なトレーニングを続けられるかどうかから確認するのが基本です。

筋活メインなら利用するサプリ選びも重要

筋トレをメインに行う場合は、サプリメントを利用した方が効率が良くなるケースがあります。プロスポーツ選手でもプロテインなどを愛用するケースが多く、必要なタイミングにあわせて栄養を摂取することが大きなメリットとなっています。

食事や間食はどうしてもタイミングが固定されがちであれば、筋トレサプリであれば自由なタイミングで利用が可能です。エネルギーが不足すれば筋肉の分解が始まるなど、運動中の体の状況はリアルタイムで変わります。

少しでも影響を和らげるためには運動中のサプリの摂取が必要になるケースも存在し、素早く吸収されることも大切になるのです。

サプリによって効果が出るタイミングが異なるため、トレーニングにあわせて選ぶことも大切です。

超図説・筋力トレーニング | 筋力トレーニングの方法を、豊富な図説

Pocket

-筋肉トレーニングコラム

Copyright© 筋トレスナイパー , 2018 AllRights Reserved.