基本的に、サプリを飲むのは薬ではありませんから、あなたのタイミングに合わせて飲むことができます。しかし、この飲み方をちょっと変えるだけでそれぞれのサプリの効果というのはかなり変わってくるのです。では、筋肉サプリの効果的な飲み方と、さらに筋肉をつけるためにはどんな成分をどれだけ飲む必要があるのかご紹介しましょう。

効果的な飲み方と筋肉をさらに増すにはどんな成分が必要?

HMBの1日に必要な量と効果的な飲み方とは

筋肉サプリといえばな成分がこのHMBで、正式名称をビス-3ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート、日本では、3-ヒドロキシイソ吉草酸と呼ばれており、この英語名の頭文字をとってHMBというのですが、なかなかこれが体の中で作り出せないので、これをサプリで補うことは、筋肉にはとても良いことなのです。
これを1日に摂取するべき量が3gです。
この飲み方としておすすめなのが、クレアチンと一緒に飲むのが、さらにあなたが目的とする筋肉の増加をもたらしてくれるとされているので、HMB以外に併用しましょう。

このHMBを飲むタイミングですが、大きく分けて3パターンあります。
当然、エクササイズをする前、そして寝る前と起きた時なのですが、これには理由があります。
HMBというのは、摂取してから30分後から体に吸収されていきます。
そのため、筋トレをする30分前に飲んでおけば、筋トレをしている頃にちょうど良い感じに筋肉を体につけられる(吸収する)ことができるわけです。
朝起きたら当然これから動くわけですから筋肉は使いますし、寝る前に飲めば、寝ている時にもHMBを吸収するので、筋トレをした時にさらに筋肉が付きやすくなるわけです。

クレアチンの1日に必要な量と効果的な飲み方は?

そもそも、クレアチンを摂取することで身体能力を高めることなどができるのですが、実はこれだけでは全く体には機能しないのです。
ですから、クレアチンを摂取する際には、これ以外に筋肉を増強させるような成分を一緒に摂取しなければいけません。
上記で紹介したようなHMBもそうなのですが、それ以外にプロテインやBCAAを併用することで、身体能力の向上と筋肉を得ることができます。
このクレアチンを摂取するのは1日に2gほど必要とされていますので、まずはこれを守るようにしましょう(サプリでこの量が含まれているものを選ぶのがポイントです)。
この成分は単体では使えないので、他の成分の摂取タイミングに合わせて併用するのがポイントとなりますから、クレアチン単体では、いつ摂取するべきという有効的なタイミングはありません。
他の筋肉を増強する成分の有効的な成分のタイミングを考慮して摂取するようにしてください。

筋肉といえばなプロテインの効果的な飲み方とは

ジムに通っている方は何度も見たことがある光景ではないでしょうか。
それは、運動前から運動後、それどころか運動中でさえも飲み続けている筋肉をつけたい方がたくさんいます。
その人たちが飲んでいるのがプロテインですが、この効果的な飲み方は、筋肉をつけるという目的であれば、運動した後20分以内に摂取するようにしましょう。
運動して20分以内というのは、カロリーも消費する時間帯なのですが、体に入れたものをすべてといってよいほど体は吸収するのです。
そんな時に筋肉を増強するようなプロテインを飲めば、当然、筋肉がつくのをサポートしてくれます。
様々な飲み物とミックスすることができるので、長く、飽きが来ずに続けられる筋肉サプリの1つでもあるので、おすすめです。
特に1日に必要な摂取量はありませんが、1日1回運動をしてそのあとに飲めば、健康も手に入れられます。

筋肉サプリの飲み方は成分によって様々です。

上記を参考にして、それぞれの成分が含まれたサプリの飲み方を意識すれば、うまく筋肉がついていくので、お試しください。

Pocket


投稿日:2018年6月22日 更新日:

Copyright© 筋トレスナイパー , 2018 AllRights Reserved.