筋トレスナイパーは細マッチョからガチムチの筋肉美を目指して筋肉トレーニングに励む人へアドバイスや筋トレに必要な人気プロテインから筋トレサプリメントまでおすすめ商品をご紹介中!

筋トレスナイパー

目次

入浴の習慣が代謝を高める?トレーニングにも生かすポイントは

入浴は代謝を高め、疲労回復や睡眠時間の安定などに貢献します。入浴しながら水圧を生かして行うトレーニングなども存在し、短時間で高い効果を見込めるケースもあります。

入浴の習慣が代謝を高める?トレーニングにも生かすポイントは

効率的に筋トレができる一方で脱水症状などにも注意する必要があります。

入浴は代謝を高め、疲労物質を汗と一緒に流せるなど様々なメリットがあります。トレーニングとの相性もよく、効率よく体を回復させるためにも役立ちます。一方で入浴方法によっては脱水症状のリスクも高まるため、温度の設定などにも気を配る必要があります。

入浴をすることのメリットは大きい

仕事やプライベートが忙しいとどうしても入浴をする手間を惜しみがちです。一人暮らしであればなおさらで、シャワーで済ませる人も多いのが現実です。しかし、トレーニングやダイエット中は湯船につかった方がメリットが大きくなります。

湯船につかって体の芯まで温めると代謝が良くなります。これは体温が高まるほど細胞の働きが活発化するためです。シャワーでは体の表面のみが温かくなるため、湯船につかるほど代謝のアップに期待できないのです。代謝が高まれば体の中にたまった老廃物や疲労物質が抜けやすくなるなど様々なメリットがあります。ハードなトレーニングやダイエットを行うほど、湯船にゆっくりつかるメリットが高まるのです。

適切なお風呂の温度はどれくらいなのか

入浴をする際に注意したいのが、お風呂の温度です。熱めのお湯が好きと言う人もいますが、急激な体温の変化は体に負担をかけるため注意が必要です。特に冬場は温度変化でショック症状や立ちくらみを起こす人が多く、突然死の原因となることもあるのです。

お風呂の温度は38度程度で、少し温めのお湯にゆっくりつかった方が疲労回復に効果的といわれています。わざと40度から42度の熱めのお湯に入って免疫力や代謝を高める方法もありますが、毎日の入浴には向かない点に注意が必要です。特にトレーニング後の疲労がたまった体には負担が大きいため、トレーニングが休みに日に利用する、2週間に1度のペースで行うなど工夫を行う必要があります。

入浴前後の水分の摂取も忘れずに行う

しっかりと湯船につかって汗を流すことは大切ですが、その分水分も失われることになります。疲労回復には20分程度の入浴通いとされているため、脱水症状を防ぐために入浴前に水分を補給しておくことが基本です。特にトレーニング直後はすぐにお湯につかりたくなることもありますが、一杯水を飲むなど一息ついてからの方が良いのです。

入浴後に失われた分の水分を補給することも大切ですが、代謝アップの効果を保ちたい場合は温かい飲み物を飲むのも方法です。お風呂に入った後に冷たい飲み物を飲むのは非常に気持ちが良いものの、胃腸を冷やし、代謝を鈍らせる原因となるのです。疲労回復やトレーニングの効率を重視するなら覚えておきたいポイントです。

お風呂の中でできる筋トレもある

入浴しながら筋トレを行うと、加圧トレーニングのように部分的に負荷をかけながら短時間で筋力アップが図れます。ただし、長時間のトレーニングはやはり脱水症状のもととなるため、あくまで短時間で切り上げるのがコツになります。まとまった筋トレの時間が取れないときに補助的に行う感覚がおすすめです。

入浴中のトレーニングはひざを立てて行う腹筋や、湯船の縁をつかった腕立て伏せが代表的です。自分なりに工夫をして筋トレをする人もいますが、あくまで安全が第一です。

無理な体勢でケガをしてもマイナスになるため、不安定な姿勢は避け、トレーニングに夢中になり過ぎないように気を配る必要があります。

筋肉トレーニング時のカロリーはどうすれば?数字よりも大事なポイント

トレーニング時のカロリー管理は重要な反面、カロリーのみに固執するのは危険な面があります。

筋肉トレーニング時のカロリーはどうすれば?数字よりも大事なポイント

トレーニング時はカロリー以外にもビタミンやミネラルを消費しているからです。筋トレなどで体を絞る場合も、あくまでバランスを意識する必要があるのです。

トレーニング時のカロリー管理は非常に重要ですが、正しい知識がなければマイナスになることがあります。これは人間の体がカロリー以外にも様々な栄養を必要とするからで、多面的に考えなければマイナスが生じるからです。体を鍛えるほど筋肉が痩せるなど、トラブルになりかねないのです。

トレーニング時は基本的にカロリーが必要になる

トレーニングをする目的は様々ですが、基本的にカロリーを消費するのは共通しています。痩せるのが目的であれば摂取カロリーを減らしつつ効率的に体を鍛える必要があります。また、脂肪を減らしつつ筋力アップで体重を増やす場合は、食事の内容自体を見直すことが必要です。

注意したいのは、効率的にトレーニングをするためにもある程度カロリーが必要な点です。脂肪の分解や筋肉の増強にはアミノ酸が使われます。しかし、食べ物で摂取するアミノ酸が不足している場合は、体は筋肉を分解してエネルギーを補おうとするのです。脂肪より先に筋肉が分解されることがあるため、過度なカロリー制限は非常に危険なのです。

カロリーではなく必要な栄養素で考える

トレーニングを効率的に行うにはたんぱく質が必要です。たんぱく質は体の中で分解され、アミノ酸になります。ポイントになるのは、アミノ酸が脂肪の分解に必要なことです。単純にカロリーを下げようするよりも、積極的に高タンパク質のものを食べた方が痩せながら筋肉を増やせる可能性があります。

魚の油など、脂質を含みながら脂肪になり辛い栄養素も存在します。植物性油を含め、血中コレステロール値の安定に貢献するものも存在し、カロリーが高くても痩せられる食材が存在するのです。肉の脂身などは必要に応じて取り除きつつ、まずは体に必要な栄養素を中心に食事を組み立てた方が良いのです。ビタミンやミネラルも忘れずにとることが大切です。

炭水化物を抜くと反動がある点に注意

炭水化物を抜き、短期間に痩せつつ筋肉質な体を作る糖質制限ダイエットが注目を浴びています。一方で、長期的に糖質制限ダイエットをした場合の追跡調査なども行われており、マイナスの部分も浮かび上がりつつあります。病気の改善などの目的を持たず、素人が自己流で行ってもデメリットが大きくなる可能性があるのです。

注意したいのがリバウンドのリスク増大です。糖質制限を行っていると体が常に飢餓状態になり、糖質をとった際に少しでも脂肪にして蓄えようと工夫をするようになります。食生活を戻した際の反動が大きくなるため、安易に取り入れない方がいいのです。

まずは一般的なトレーニングを続けられるかどうかから確認するのが基本です。

筋トレメインなら利用するサプリ選びも重要

筋トレをメインに行う場合は、サプリメントを利用した方が効率が良くなるケースがあります。プロスポーツ選手でもプロテインなどを愛用するケースが多く、必要なタイミングにあわせて栄養を摂取することが大きなメリットとなっています。

食事や間食はどうしてもタイミングが固定されがちであれば、サプリメントであれば自由なタイミングで利用が可能です。エネルギーが不足すれば筋肉の分解が始まるなど、運動中の体の状況はリアルタイムで変わります。

少しでも影響を和らげるためには運動中のサプリの摂取が必要になるケースも存在し、素早く吸収されることも大切になるのです。

サプリによって効果が出るタイミングが異なるため、トレーニングにあわせて選ぶことも大切です。

自衛隊の筋力訓練はどんなもの?マネをするにも注意が必要なワケは

自衛隊の訓練は非常に過酷なことが知られています。特に入隊から3ヵ月は基礎的な体力などを身につけるための訓練が続くため、スポーツマンでも根を上げるケースがあります。

自衛隊の筋力訓練はどんなもの?マネをするにも注意が必要なワケは

筋トレの考え方も効率重視ではなく、精神面に重点が置かれている部分があるのです。

自衛隊の訓練は非常に過酷なことが知られています。これは非常時にも冷静さを失わない精神力を身につける必要があり、任務を遂行するためには忍耐力も求められるからです。元自衛官などが公開している訓練方法を取り入れる場合は、一般的な筋力などのトレーニングと異なることを理解し、自分に必要かどうかしっかりと確認する必要があります。

入隊から3ヵ月はひたすら体力重視の訓練

自衛隊に入隊すると、3ヵ月間はひたすら体力向上のための訓練が行われるといわれています。これは精神力を鍛えるだけでなく、ついてこれない人間をふるい落とす意味も含まれています。国を守り、災害時に命の危険を伴う現場に立つためには過酷な環境に耐える力が必要になるからです。

さらに、何かしらのミスを行った場合は罰として腹筋や腕立て伏せなどの罰が追加されることがあります。そのためミスが多い場合や、違反が多い場合はほとんど休むことなく体を動かさなければならないケースが出てくるのです。科学的に体を鍛えるためのトレーニングではなく、屈強な精神を養うための意味合いが強いのです。

体を鍛えるだけならマネをしないほうが良いワケ

自衛隊式の訓練は基礎的な体力を養うだけでなく、重いものを持った状態で長距離を走るなど実際の任務を想定したものになっています。あくまで任務をこなすための訓練であるため、全てをコピーしても実生活に役立たない部分があるのです。

また、体を鍛える場合はトレーニングを行った後に筋肉の回復を待つ、休み期間設けるのが一般的になっています。筋肉に負荷をかけた後に休ませると、超回復と呼ばれる回復期間に入ります。超回復中にトレーニングを再開すると十分に筋肉が増えず、かえって筋力が衰える可能性があるためです。自衛隊の訓練は基本的毎日行うことになるため、筋力アップなどに取り入れる場合はマイナスになる点に注意が必要です。

取り入れるのであればケガを防ぐ工夫も必要

精神を鍛えるために自衛隊式の訓練を取り入れる場合、ケガを防ぐ工夫も必要になります。基本的に体をいじめぬくようなトレーニングになりがちになるため、思わぬ不注意が事故につながりかねないのです。事前に念入りに柔軟体操をするのは基本で、完全にコピーせずにある程度加減を加えるのがおすすめです。

特に注意したいのが体が出来ていない場合です。自衛隊に入った場合は強制的に訓練を行う必要がありますが、体力がない人間がマネをしようとしてもオーバーワークで倒れる可能性が高まります。基礎的な体力を身につけることからはじめないと一向にトレーニングが進まない恐れがあるため、時間を無駄にしない工夫が必要です。

栄養の補助も重要なポイントに

自衛隊式の訓練をしても、栄養補給が追いつかなければ体調を崩すだけになります。特にたんぱく質と炭水化物の摂取は重要で、エネルギー源がなければ体がやせるばかりになります。筋トレに取り入れるのであればたんぱく質を多めにとるなど工夫を加えるのがポイントです。

トレーニング前やトレーニング中にサプリメントを利用できるのは忘れずにいたい点です。筋力や持久力を高めるために効率的な補助を行えば、それだけ訓練に当てる期間を短くすることができます。一般人は訓練をしていても給料を貰えるわけではないため、時間の生かし方を考える必要があるのです。

空手で強くなるために鍛えるべき場所は?筋肉トレーニングのバランスなど

空手をやっていると、より強くなるためにどのようなトレーニングをすればよいか気になるものです。

空手で強くなるために鍛えるべき場所は?筋肉トレーニングのバランスなど

技術的なものはもちろん筋肉を鍛えて打撃力や防御力を高めることは重要で、筋トレのバランスが大切になってくるのです。

空手で強くなるコツは、練習を欠かさないことだけでなくトレーニングの内容を充実させることです。がむしゃらに体を鍛えても効率が悪いことがわかっているため、科学的な知識を取り入れることも大切になります。筋肉だけを鍛えても動きが重くなるなど弊害が出る可能性があるため、バランスを考える重要性も増しているのです。

トレーニングは空手の練習と並行して行うべき

空手において体を鍛えることは必須といえます。基礎的な体力がなければ練習もおぼつかないだけでなく、ある程度筋力がなければ試合で当たり負けする可能性が高くなるからです。身長が互角であれば筋力があった方が有利なケースも多く、体重も強さを決める要素になります。

注意したいのは筋トレだけをしてもマイナスになる可能性がある点です。特に鍛える部分が偏ってしまうと体のバランスが崩れてしまい、力の伝達効率が悪くなります。正しい姿勢を保ち、疲労を抑えることも試合で粘るために必要な要素です。型の練習などを怠らず、トレーニングに偏らないように気を配る必要があるのです。

重点的に鍛えたいのは手首や足腰

空手で強くなりたい場合、特に重点的に鍛えたいのは手首と足腰です。手首が弱ければ打撃の勢いを十分に伝えられないだけでなく、ケガの元にもなります。足腰は踏み込みの力を生かし、全身の力を効率的に伝達するために欠かせない部分になります。

手首を鍛えるためにもっとも手軽なトレーニングの一つがリストカールです。ダンベルなどを利用し、手首を曲げる力だけで重いものを持ち上げます。足腰を鍛えるのに効率的なのがスクワットで、一緒に腹筋などもバランスよく鍛えることができます。初心者であればペットボトルに水を詰めるなど軽いものから負担をかけていき、徐々に重量を増やしていくのがポイントになります。

毎日トレーニングをするよりも休みをはさむのがコツ

筋肉を効率よく鍛えるポイントは、回復を待つ時間を置くことです。筋肉は繊維が切れ、つながりなおすことで少しずつ強くなっていきます。しかし、毎日トレーニングを行うと、せっかく治りかけた筋肉が切れてしまい、かえって筋肉が衰える原因となるのです。筋肉痛が発生している時は特に注意が必要で、ハードなトレーニングは逆効果になってしまいます。

筋肉の回復にかかる時間は部位によって異なります。最短で1日程度、最長で3日程度は休ませた方が良く、鍛えた筋肉の範囲が広いほどある程度時間を置く必要が出てきます。年齢によって回復の速度に違いはあるものの、しっかりと栄養を補給して休み、メリハリをつけてトレーニングを行うことが大切になります。

筋トレ前に摂取した方が良い栄養素もある

トレーニング前に食事をすると、お腹の調子を悪くすることがあります。しかし、科学的な研究が進むにつれ、効率的な筋トレを行うためにはトレーニング前にとった方が良い栄養があることもわかってきています。これは必要な栄養が足りなければ筋肉が分解されてエネルギー源とされる可能性があるためです。

筋肉を保護するためにはアミノ酸が重要になるため、アミノ酸を摂取できるサプリメントや、たんぱく質を補充することが良いとされています。

たんぱく質をとる場合は体に吸収されるまで時間がかかるため、ある程度タイムラグを見越しておく必要があります。最適なタイミングで消費が行われるよう、調整する必要があるのです。

筋力トレーニング時にはサラダチキンがおすすめ?愛される理由とは

トレーニング時にサラダチキン利用する人は多く、理想的な食品に分類されることがあります。

筋力トレーニング時にはサラダチキンがおすすめ?愛される理由とは

サラダチキンは脂肪分が少なく、たんぱく質が豊富で、トレーニングとの相性がよいのです。筋トレ時に利用することで効率が良くなるケースもあります。

トレーニングの効率を上げるためには、普段口にするものを見直すことも大切です。特に栄養のバランスは重要で、体脂肪率を落としたいのであれば炭水化物を取り過ぎないようにするなど工夫する必要があります。特に重要になるのがたんぱく質の摂取で、筋肉の材料を取り入れることが大切になります。ただし、脂肪分をとりすぎれば逆効果になるため、高たんぱく低脂質の食べ物が望ましいのです。

サラダチキンは高たんぱくで低脂質な食品

サラダチキンはコンビニなどでも販売されていて、簡単に手に入る食品の一つです。トレーニング時に必要なたんぱく質を確保しつつ低価格で購入できるのが魅力で、食事に組み込む人が多いのも特徴になっています。脂質を抑えながらたんぱく質を摂取でき、コストパフォーマンスに優れているのです。

また、他の食品のように、手間をかけずにすぐ食べられるのも魅力です。大豆食品は良質なたんぱく源となりますが、豆腐や納豆などをトレーニング前後に気軽に食べるのは難しくなります。豆乳は液体のため、トレーニング時に腹痛の原因となる場合もあります。使い勝手のよさも評価を高めるポイントになっているのです。

あくまで補助的に食べるものである点に注意

サラダチキンは素早くたんぱく質を補給するのにおすすめの食品です。一方で、サラダチキンだけでたんぱく質を補おうとするのは危険です。トレーニング中に全く脂分をとらないのも危険で、少なくとも最低限必要ラインが存在するからです。ビタミンの中には脂分の中に溶け込んでいるものも存在し、健康に悪影響を与える可能性が出てきます。

納豆などの発酵食品は消化吸収がしやすく、アミノ酸の吸収効率が良いのも覚えておきたいポイントです。たんぱく質は一度アミノ酸に分解されて吸収されるため、量だけでなく質も考える必要があるのです。鉄や亜鉛なども必要になるため、野菜などもバランスよく食べた方がプラスになります。

食べるタイミングと適切な量は

サラダチキンは食べる量とタイミングでどれだけ効果が出るかが変わります。目標にあわせて食べるタイミングを変え、自分が望む結果を引き出すのも大切です。筋トレ前に食べれば、筋肉が分解されるのを抑え、エネルギーの確保に役立ちます。

トレーニングに食べると筋肉の再生を促し、より強い筋肉を作るのに役立つと言われています。

サラダチキンを食べるタイミングだけでなく、トレーニング方や他の食事との相性に気を配ることも大切です。着目する栄養素や、ピークの調整の仕方でも違いが出るからです。

ただし、食べ過ぎに葉注意が必要です。サラダチキンは意外と塩分が多く含まれているため、数個食べれば人間が1日に必要とする塩分量を超えてしまう可能性があります。

筋トレ目的なら他にもサポート成分をとる

サラダチキンはトレーニングのサポートに取り入れやすい食品です。しかし、塩分の過剰摂取などを防ぐためには1日1個など量を加減する必要があります。ハードな筋トレを行う場合は、これでは十分な効果を得られない可能性が出てくるのです。

効率の良い筋トレを目指すのであれば、サラダチキン以外の食品などと組み合わせることが大切になります。最も手軽なのはサプリメントの利用で、トレーニング中に飲めるものも存在します。

人によって筋トレに使える時間は異なるため、より効率的にカスタマイズする工夫も大切なのです。

性欲がわかないときはどうすれば?加齢やストレスと戦う筋トレ運動の真意を探る

加齢やストレスから性欲がなくなり、夜の生活に支障をきたす人もいます。男女のコミュニケーションにも大きな影響があるため、性欲を復活させることが大切なケースは多いのです。

性欲がわかないときはどうすれば?加齢やストレスと戦う筋トレ運動の真意を探る

生活習慣の見直しと、筋トレなど性欲アップの工夫が必要になります。

加齢やストレスから性欲を失う人は多く、特に男性にとっては大きな悩みにつながりがちです。性欲は男性の自信と直結するケースがあるだけでなく、女性とのコミュニケーションにも影響を与えるからです。また、性欲の減退とともにチャレンジ精神が薄れるなど精神面に与える影響も大きく、どのように状況を改善するかが大切になります。

ストレスがたまると若くても性欲は減退する

性欲が落ちる主な原因の一つに加齢があげられます。個人差はあるものの30代から性欲が一気に薄れるケースは珍しくなく、男性が自信を失うきっかけとなることがあります。注意したいのは、年齢に限らずストレスによって性欲がなくなる場合がある点です。

性欲を呼び起こす元になるのが、男性ホルモンの分泌です。しかし、常にストレスがかかる状態に置かれると自律神経の働きが狂ってしまい、ホルモンの分泌量などもおかしくなってしまうことが多いのです。

結果として性欲が減退し、何かをしようという気力自体も失われてしまうことがあります。ストレスをかけすぎないことや、しっかりと気分転換を行うことは非常に重要なのです。

睡眠がしっかりとれていることが重要に

ある程度ストレスがたまっていても、しっかりと睡眠がとれるうちは性欲の減退をある程度防げます。眠ることによってストレスを緩和することができるためです。しかし、睡眠の質が悪くなるとバランスが一気に崩れることが多く、ストレスが蓄積される原因になりがちです。

特に睡眠時間が不規則な場合はそれだけ体のリズムが狂う原因となります。休日にまとめて睡眠をとろうとしてもかえって疲れてしまうケースが多く、寝だめはできないことを理解する必要があるのです。

また、お酒は寝つきを良くしますが、深い眠りを妨げることが知られています。ストレスを飲酒で解消しようとしても悪い方向に進む可能性があるのです。

食事内容の改善が必要なケースも多い

ストレスではなく、加齢が原因で性欲の減退が疑われる場合は、食事内容の見直しも必要になります。睡眠時間やストレスの影響を受けることもあるものの、食習慣が性欲の邪魔をしているケースは珍しくないのです。高血圧や肥満などが理由であることもあるため、健康的な食生活を心がける必要があります。

特に多いのが、年齢にあわせた食事の量に変えられないケースです。年齢を重ねると体の代謝が弱くなり、消費するカロリー量も減ってきます。必要なカロリーは減っているにもかかわらず食事の量を減らせず、血管が詰まりやすくなるなど健康上の問題を抱える場合が多いのです。

血中脂肪などが多すぎるのは大きなマイナスになるため、食べ過ぎ、飲みすぎがないかは見直すのがおすすめです。

運動をすると性欲が蘇りやすい

運動と性欲は密接な関係があり、特に筋トレをすると性欲が高まると言われています。筋トレをすることで男性ホルモンの分泌が促進されるだけでなく、体の余分なエネルギーが消費されるからです。

精子の主な材料の一つは男性ホルモンのため、男性ホルモンの分泌量を増やすことは性欲アップに直結しやすいのです。

効果的に筋トレを行うには、アミノ酸の摂取など栄養素の補給も重要になります。筋肉を鍛えて代謝の効率をよくするためにはアミノ酸が必須だからです。

アミノ酸はたんぱく質から作られるため、肉や魚を食べてことが大切になります。また、吸収の効率などを考えてサプリなどで補っていくのも賢い方法です。

逆三角のボディを目指すなら!チンニングを取り入れて背筋力もアップ

チンニングとは懸垂の意味で、腕だけ出なく背筋などをバランスよく鍛えることができます。

逆三角のボディを目指すなら!チンニングを取り入れて背筋力もアップ

逆三角のボディーを目指すなら是非取り入れたい筋トレの一つです。ただし、フォームなどに気を配らなければバランスが崩れるため、事前の知識も重要になります。

チンニングとは懸垂のことで、鉄棒などにぶら下がった状態から体を起こすトレーニング方法です。腕の力だけでなく背筋力も鍛えられるため、逆三角のボディーを作るために理想的といわれています。体重が重い場合は最初はなかなか体が持ち上がらず苦労するため、サポート器具を利用して効率を上げることも大切です。

背中の筋肉を広範囲で鍛えられるのが特徴

チンニングは腕だけでなく、背中の筋肉を広範囲で鍛えられるのが特徴です。トレーニングの効率が良いことから、逆三角形のボディーを作るための最短ルートにもなっています。一方で、懸垂を行うためには器具が必要になるため、トレーニングをする場所に気を使う必要が出てきます。

トレーニングに専念する場合はジムを利用するのが基本ですが、公園にある遊具を使ってチンニングを行う人もいます。雲梯(うんてい)や高い鉄棒があれば特に便利です。低い鉄棒の場合はフォームを工夫しなければ足がついてしまう可能性が高い点に注意が必要です。ただし、公園の場合は雨の日のトレーニングが難しいなど欠点もあるため、日程などの調整も重要になります。

専用のトレーニングマシンを買ってしまう人もいる

天候を気にせずにトレーニングをするために、チンニング専用のマシンを買ってしまう人もいます。スタンドつきの専用マシンは1万円程度から購入が可能で、自宅に置くスペースがある場合は検討してしまうのも方法です。

ドア枠などにつけて使う拡張用アイテムも存在します。価格も安価で、スペースもとらず、非常に使いやすいのが特徴です。注意したいのは、賃貸住宅などで利用すると壁などに傷がつき、退去時にトラブルになるケースがあることです。自分の体重を支えられることが前提になるため、十分な強度がなければ枠自体が破損する可能性もあります。設置する場所に十分に配慮する必要があります。

自力で懸垂が難しい場合はベルトを利用する

チンニングはある程度筋力がなければ行うこと自体が難しく、最初は数回しか行えない場合があります。あまり無理をしても効率が上がらないため、場合によってはベルトなどを併用し、負担を分散したほうが良いのです。チンニングベルトと呼ばれる専用のベルトも販売されていますが、フィット感があるゴムなど、自分で工夫した素材で代用する人もいるのが特徴です。

チンニングベルトは両腕のわきの下を通し、背中を支えるように利用します。体重がかかる部位を分散できるため、それだけ懸垂が楽にできるようになるのです。勢いをつけす るせっかく鍛えた筋肉に傷がつく可能性があるため、ケガの防止にも役立ちます。

筋トレ自体の効率を見直すことも重要に

チンニングを行う際は、肩幅よりも拳二つほどスペースをあけ、腹筋や下半身に力を入れないように調整しながら行います。腹筋や大胸筋は鍛えられないため、体を絞る筋トレを目指す場合はある程度バランスを考える必要が出てきます。

筋トレ時に大切になるのが栄養摂取で、特にたんぱく質の摂取が重要になります。短期間で筋力アップを目指すのであれば、サプリメントなどを併用するのもおすすめです。ただがむしゃらにトレーニングをしても筋力は増えない点にも注意が必要です。

超回復と呼ばれる回復期間を利用し、1日から2日程度休んで集中して鍛えるなど、工夫をする方法もあります。

Copyright© 筋トレスナイパー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.